日本酒クラス
~愛知と名古屋の"國酒"の魅力をプレゼン・発信する!~

毎週月曜日7:30-8:30
ミッドランドスクエア5F

フランスを始め海外でも注目を集める日本酒。国内でも日本酒の良さが改めて評価されています。

しかし、一部の蔵元の日本酒が人気になっている一方、地元愛知・名古屋の日本酒はまだまだ魅力が発信されていないものもあります。日本酒の現状を学ぶとともに地元の銘酒の魅力をプレゼン、発信します。

講師:
佐藤宣之ほか
日程:
全6回
月曜日7:30-8:30
学費:
32,400円(税込)
*フィールドワークでの現地までの交通費、懇親会費は含みません。
定員:
30名予定(定員になり次第締め切りとさせて頂きます)
会場:
ミッドランドスクエア5F ミッドランドホール会議室

このクラスに申込む

カリキュラム

  1. 第1回

    4/21(月)オリエンテーション

    ENJOY JAPANESE KOKUSHU(國酒を楽しもう)プロジェクトの紹介。受講生自己紹介。

  2. 第2回

    5/12(月)日本酒の世界での現状を知る・グループ分け

    日本酒がクールジャパンの一つとしてニューヨーカーやパリジャンに愛好され、輸出も急激に伸びていると報道されています・・・でもそれはコインの片面、いやコインの端っこでしかありません。世界での日本酒現状を学びます。

  3. 第3回

    5/19(月)日本における日本酒の現状

    日本各地の日本酒は地酒と称され、それぞれの土地の気候、風土、米、水を反映した土地特有の商品であると理解されていますがその認識をゼロから改める必要があるかもしれません。
    日本酒の現状を学びます。

  4. 第4回

    5/24(土)フィールドワーク 関谷醸造の酒蔵・工場見学

    愛知を代表する銘酒「空」「美」などで日本全国の日本酒ファンに支持されている関谷醸造を訪問。
    酒造りの現場を見学・試飲します。関谷健社長の講演も予定。また、フィールドワーク後、関谷醸造の経営する名古屋・四間道のSAKE BAR圓谷(マルタニ)にて懇親会を予定しています。

  5. 第5回

    6/2(月)愛知と名古屋の日本酒

    地元愛知と名古屋の日本酒を学びます。さらに「パリで売れれば世界で売れる」を信条に国内外で急速に業績を伸ばしている獺祭(だっさい)醸造元・旭酒造の桜井博志社長にもご登場頂く予定です。

  6. 第6回

    6/16(月)グループプレゼンテーション。

    地元愛知・名古屋の日本酒の良さを広めるための企画をプレゼンテーションします。

*4/25(金)夜に受講生懇親会を予定しています。
※日程は変更になる可能性がございます。

講師紹介

佐藤宣之

1965年東京都杉並区生まれ、1988年東京大学法学部第一類(私法コース)卒業、1997年英国ケンブリッジ大学経済学修士号取得、在シンガポール日本国大使館一等書記官、OECD金融企業局(パリ)等を経て、2012年より名古屋大学大学院経済学研究科教授。

●クラス名 「日本酒クラス~愛知と名古屋の"國酒"の魅力をプレゼン・発信する!~」
講師:佐藤宣之ほか
●日程 毎週月曜日7:30-8:30
●学費 全6回 32,400円(税込)
*フィールドワークでの現地までの交通費、懇親会費は含みません。
お支払い:銀行振り込み
●キャンパス ミッドランドスクエア5F ミッドランドホール会議室
●定員 30名予定
●備考 グループワークあり、週末1日フィールドワークあり
●協力 株式会社秋田屋
●お問い合わせ お問い合わせはこちらからお願いします
●応募 このクラスに申込む