映像で地域を考えるクラス
~宮城・気仙沼編~

毎週金曜日7:30-8:30
ミツドランドスクエア5F ミッドランドホール会議室

「東海アクションプロジェクト×なごや朝大学」堤幸彦特別講座
「Kesennuma,Voices.東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~」

堤監督と考える気仙沼の今

「映像による地域振興」という地域活性化へ強い想いを持つ名古屋出身の映画監督・堤幸彦氏とともに被災地・気仙沼の今を考える講座です。気仙沼は、堤氏にとって多くの作品の撮影場所となった思い出の地。気仙沼が震災によりまちも人も傷つき、せめて自分にできることはと考えて辿りついたのが、セミドキュメンタリー「Kesennuma,Voices.東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~」の制作でした。2011年、12年そして今年末に第3弾が制作されるこの映像作品をテーマに丸の内朝大学と提携して今春スタートした「なごや朝大学」と堤監督の地域活性化プロジェクト「東海アクション」が共同で企画した講座です。

■「Kesennuma,Voices.東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~」とは

堤作品の撮影の舞台として縁の深かった気仙沼の被災状況に直面した堤氏が気仙沼の復興を映像として記録に残していこうという想いで制作したセミドキュメンタリー。2011年、12年にVOL1・2を制作。2013年末にVOL3を制作予定。TBSオンデマンドにて配信。

■「東海アクションプロジェクト」とは

堤幸彦氏が地元名古屋で「映像による地域振興」を目指してその想いに共感するメンバーともに立ち上げたプロジェクトです。長引く不況の中、地方自治体では町おこしや地域活性化の活動が必要とされている。そのような中、各地域がどんなアクションを起こすべきかを提案するプロジェクトです。愛知県高浜市の地域活性化市民映画「タカハマ物語」を始め、映画監督堤幸彦を中心とするクリエイティブチームが、先駆者的に地域映画を制作しています。この堤幸彦氏の想いに共感した名古屋の民間放送局や制作会社、大学教授などがメンバーとなった名古屋発プロジェクトです。

講師:
堤幸彦
杉原奈美・高橋洋人(オフィスクレッシェンド)
江口和久・林大策(東海アクションプロジェクト)
日程:
全4回(講座3回、気仙沼視察1泊2日)
講座は金曜日7:30-8:30
学費:
39,900円(税込)

9/14(土)~15(日)の現地往復交通費は自己負担となります。

視察予定
9/14(土)
11:00 お魚市場昼食(気仙沼プラザホテル)
12:00 共徳丸→陸前高田
14:30 岩井崎・階下周辺(KRA・南気仙沼駅・BRTなど)
17:00 気仙沼プラザホテル着
18:00 懇親会

9/15(日)
9:00 ホテル出発
9:30 リアスアーク美術館→講演会
12:00 昼食

*いわて花巻空港⇔一ノ関⇔気仙沼市内視察は大型バスをご用意しています。
詳しくはお問い合わせください。

定員:
35名(定員になり次第締め切りとなります)
会場:
ミツドランドスクエア5F
ミッドランドホール会議室(名古屋駅前)

今回の募集は終了いたしました

カリキュラム

  1. 第1回

    9月6日(金)「Kesennuma,Voices.」制作への想い

    講師:堤幸彦

  2. 第2回

    9月13日(金)「Kesennuma,Voices.」制作秘話

    講師:杉原奈美・高橋洋人

  3. 第3回

    9月14日(土)・15日(日)気仙沼視察

    講師:堤幸彦(14日のみ)・堺丈明(気仙沼プラザホテル支配人)

    「気仙沼」フィールドワーク。地元の方々との交流、意見交換などを予定しています。

  4. 第4回

    9月27日(金)映像による地域振興を目指して「東海アクション」の説明
    堤監督へのメッセージ発表(受講生のメッセージは堤監督に届けます)

    講師:江口和久・林大策

※日程は変更になる可能性がございます。

講師紹介

堤幸彦(演出家・映画監督)

名古屋出身。演出家・映画監督。

1988年、故森田芳光プロデュースのオムニバス映画「バカヤロー!私、怒っています」内の『英語がなんだ』でデビュー。その後、テレビドラマ「金田一少年の事件簿」の斬新な演出方法で注目を集め、「ケイゾク」、「TRICK」「SPEC」などヒット作品を生み出し続けている。映画、舞台、ミュージックビデオの演出と幅広く活躍。主な監督作品は、「20世紀少年(3部作)」「明日への記憶」「BECK」「まぼろしの邪馬台国」「くちづけ」等。2010年より愛知工業大学客員教授。
●クラス名 「映像で地域を考えるクラス~宮城・気仙沼編~」
講師:堤幸彦/杉原奈美・高橋洋人・江口和久・林大策
●実施 中部日本放送
●日程 金曜日7:30-8:30
●学費 全4回 39,900円(税込)*視察地までの往復交通費は含みません。
お支払い:銀行振込
●キャンパス ミツドランドスクエア5F ミッドランドホール会議室(名古屋駅前)
●定員 35名
●お問い合わせ お問い合わせはこちらからお願いします
●応募

今回の募集は終了いたしました 

●募集締切 定員になり次第終了
●主催 なごや朝大学企画委員会
●企画 中部マーケティング協会・中日新聞・中部日本放送
●企画協力 東海アクションプロジェクト・メディアトレード
●協力 株式会社フジドリームエアラインズ
●後援 一般財団法人中部生産性本部
●協賛 大同特殊鋼株式会社