朝から合唱クラス
~第九をステージで歌おう!~

 全6回 平日の火曜日 7:20~8:20
※フィールドワークあり
会場:大名古屋ビルヂング
5Fカンファレンス

秋といえば「芸術の秋」!今年は何か挑戦したいなぁ・・・、と思う方!今年は「合唱」、そしてステージ出演にトライしてみませんか?合唱曲は、年末になると日本中で演奏されるあの「第九」=ベートーヴェンの交響曲第9番・「歓喜の歌」です!!このクラスでは、ドイツ語の発音や「第九のあれこれ」を楽しく学びながら、11月11日に豊田市で開催される室内管弦楽団辯天の第24回定期演奏会において、生のオーケストラと共演します!
また、よい声を出すための呼吸法は、ビジネスシーンや日常生活でも役立ちますよ!一生に一度は、舞台の上であの荘厳なステージに立ってみたい!そんなあなたのご参加をお待ちしています!


講師:
百々 あずさ
神田 豊壽
イレーネ・デワルト
日程:
全6回
平日の火曜日 7:20~8:20
※宿題あり
※週末フィールドワークあり
学費:
35,000円(税込・教材費込)
定員:
25名予定
(定員になり次第締め切りとなります)
会場:
大名古屋ビルヂング 5Fカンファレンス

このクラスに申し込む 

カリキュラム

  1. 第 1 回

    9月25日(火) オリエンテーション~声の個性を知る~

    講師:百々 あずさ(オペラ歌手(ソプラノ))
    合唱の際、自分の声質を知ることは非常に重要!第1回では実際に声を出しながら、どの音域の音がいちばん歌いやすいのか、自分の声の特徴を感じながら学んでいきます。
  2. 第 2 回

    10月2日(火) 第九を学ぶ

    講師:百々 あずさ(オペラ歌手(ソプラノ))
    「第九」とはそもそも何か?ということを学びながら、実際にメロディを歌うことにチャレンジします。また、自分のパートを意識しながら合唱にもトライしてみましょう!
  3. 第 3 回

    10月16日(火) ドイツ語の発音を学ぼう!

    講師:イレーネ・デワルト(ラジオDJ)
    第九の歌詞は、実はドイツ語。ドイツ語は英語と違って、読み慣れるまでのが大変ですが、繰り返し声に出すことでなじんでいくことができます。ラジオDJなどで活躍するイレーネさんを講師に迎えて、正しいドイツ語発音を学んでいきましょう!
  4. 第 4 回

    10月20日(土) 【フィールドワーク】第九合唱練習

    講師:百々 あずさ(オペラ歌手(ソプラノ))
    フィールドワークでは、発声に大切な呼吸法をしっかりと学んでいきます。また合唱の練習も重点的に行い、それぞれが曲目をひととおり歌えるように仕上げていきましょう!

    ※フィールドワークは小牧市にて開催します(10時~18時ごろまでの開催を予定しています)。 
    ※会場までの交通費は各自、ご負担願います。 
    ※昼食は主催者にて準備します。 
    ※当日は体を動かしたりするため、動きやすい服装でお越しください。 
    ※フィールドワーク終了後に懇親会を開催します(任意参加です。費用は別途ご負担ください)。
  5. 第 5 回

    10月30日(火) ハーモニーを学ぼう①

    講師:神田 豊壽(テノ一ル歌手)
    合唱では、メンバー全員で、ひとつのハーモニーを作り上げることが大切です。他のメンバーのパートをよく聞きながら、流されることなく歌うことを学びます。フィールドワークでの練習の成果も活かせるようしっかり練習をして臨みましょう!
  6. 第 6 回

    11月6日(火) ハーモニーを学ぼう②

    講師:百々 あずさ(オペラ歌手(ソプラノ))
    ステージ出演を念頭に置いた仕上げの練習を行います。あとは本番を残すのみ!最高のハーモニーを味わえるよう、丁寧に仕上げていきましょう!

※日程は変更になる可能性がございます。

講師紹介

百々 あずさ

オペラ歌手(ソプラノ)
愛知県生まれ。大学卒業後、イタリア政府給費留学生として渡伊し、ジュゼッペ・ヴェルディ国立音楽院声楽科修了。世界三大テノールの一人、ルチアーノ・パヴァロッティに師事。
第51回全日本学生音楽コンクール名古屋大会声楽部門大学一般の部第1位、第9回リッカルド・ザンドナイ国際オペラコンクール審査員長特別賞はじめ著名な国際コンクールでの受賞経験も多く、現在はオペラ以外にも活動の幅を広げ、ベルリンを拠点に主にヨーロッパで活躍中。



神田 豊壽

テノ一ル歌手
名古屋在住。愛知県立芸術大学大学院修了。二神二朗氏に師事する。
オペラ歌手として、「ドン・ジョバンニ」オッターヴィオ、「魔笛」タミーノ、「フィガロの結婚」、バジリオ「カルメン」ホセなどに出演、「愛の妙薬」ではジュゼッペ・タッデイと競演し好評を博す。また豊田市民合唱団・名古屋シティーハーモニーをはじめ多数の合唱団を指導し、「メサイヤ全曲演奏会」・「一万人の第九」などのコンサートを成功に導く。



イレーネ・デワルト

ラジオDJ(現在はZIPFMなどで番組を担当)
ドイツ人の父と日本人の母の元愛知県日進市で生まれ育ち、2005年ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校演劇学部卒業。小学生の頃のドイツの寄宿学校での1年や大学卒業後のパリのルコック国際演劇学校でのトレーニングなど国際経験を経て、愛知県の祭りや文化に興味を持つようになり、現在のラジオDJ、テレビなど、地域に根ざしたタレント活動をするに至る。



●クラス名 朝から合唱クラス
~第九をステージで歌おう!〜
講師:百々 あずさ(オペラ歌手(ソプラノ))、神田 豊壽(テノ一ル歌手)、イレーネ・デワルト(ラジオDJ)
●日程 全6回 平日の火曜日 7:20~8:20
※宿題あり
※週末フィールドワークあり
●学費 全6回(税込・教材費込) 35,000円
お支払い:銀行振込
●キャンパス 大名古屋ビルヂング 5Fカンファレンス
〒450-6490 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
●定員 25名予定
●備考 宿題あり
週末フィールドワークあり
●重要事項 ステージ出演について
※本クラスの成果発表として、ステージ出演があります(出演料は受講料に含みます)。当日の出演を予定しない方でもこのクラスへの参加は歓迎です。
※出演するステージの詳細は、以下のとおりです。
(日時)11月11日(日)15時30分開演

(会場)豊田市コンサートホール

(出演の方法)
室内管弦楽団辯天定期演奏会にて演奏される、「第九」=ベートーヴェンの交響曲第9番(歓喜の歌)の曲目に、合唱隊の構成メンバーとして出演します。

(その他)
*当日(11月11日)には最終リハーサルを行いますので、ステージ出演の場合は原則として必ずご参加ください。また前日(11月10日)にも全体練習がありますので、可能な限りご参加ください。
*会場までの交通費及び衣装(白シャツ及び黒スーツまたはスカート)は、各自でご準備ください。
*公演チケット4人分が受講料に含まれます。

※このクラスで使用する楽譜・練習用の音源は当方で準備します。なお楽譜および音源はPDF及びMP3データまたはおすすめのYoutube動画をクラス開講前にお渡しする予定です。
※クラス期間中に、講師による特別補講を開催する予定です(この補講は受講料に含みます)。詳細は初回講義時にお伝えいたします。
※また上達度に不安を感じる方については、㈲ポニーミュージカルアカデミーが主催する練習会にも一部無料で参加することができます。参加は開講前からでも可能ですので、ご参加をお待ちしています。

(参考) 「室内管弦楽団辯天」は、名古屋大学オーケストラのOB/OGが中心となって結成し、今年で23年目を迎えるアマチュアオーケストラです。
東京都交響楽団の主席フルーティストである寺本義明氏を常任指揮者に迎え、年に1度(結成初年は2度)、演奏会を行っています。詳細は、以下のHPをご覧ください。 https://sites.google.com/site/bentennagoya/shoukai
●お問い合わせ お問い合わせはこちらからお願いします
●応募

このクラスに申し込む